栄養をスムーズに吸収するため、よく噛んで食べよう

食事はよく噛んで食べるようにしましょう。



 
 
 
現代人は食生活の変化から、
顎を使ってよく噛むという事が少なくなっています。

よく噛まないような食生活を小さい頃から行なっていると、
口の周りや顎の筋肉、歯を支えている歯茎、舌の筋肉などなど、
これらが衰えてしまい、歯並びが悪くなってしまう事があります。

実際に日本人は美容に関心があると言われているにも関わらず、
歯並びが悪い人が「異常」に多いのです。
日本の食には噛みごたえのあるものも確かにあるはずなのですが、
これは日本人が歯や噛む事に関する関心がない証拠です。

また、よく噛む事は顎・歯・舌の健康・発育に良いのはもちろんの事、
栄養をスムーズに吸収するためには非常に重要な事です。

何のために唾液があるのか、と言ったらもちろん消化するためですよね。
唾液にはデンプンを糖に分解する役目と、
胃や腸で食べ物を消化しやすくするという役目があります。

食べ物を噛む事によってこの唾液は分泌されるので、
よく噛んでいない現代の日本人は唾液をしっかり働かせないまま、
胃や腸に食べ物を運んでいるという事になります。

その分、胃や腸での栄養の吸収が悪くなるのです。
もしそれによってタンパク質など重要な栄養素が外へ出てしまっているとしたら?

是非お子さんには小さい頃からよく噛むよう教育してあげましょう。
それが思春期中、思春期後、大人になった後に活きてきます。
[PR]
by saruyamichael | 2013-06-19 23:27 | 髪の毛のための考え方

髪の毛を生やす方法(栄養、睡眠、運動など主に生活習慣)に関する情報をまとめています。情報の出し惜しみは致しません。


by SaruyaMichael