脳をしっかりと働かせよう

いくら体に良い栄養を摂っても、
脳がしっかりと働いていなければ意味がありません。

脳を働かせる事が重要なのです。



 
 
 
脳がエネルギー源として使っているのが「ブドウ糖」です。
ブドウ糖をエネルギー源にして、
あんな事やこんな事を考えたりできるんです(笑)

また、脳はホルモン分泌など自分ではコントロールできない事も司っています。
もし脳の働きが鈍くなれば、
髪の毛に最も重要な「女性ホルモン」が分泌されなくなってしまいます。

女性ホルモンが分泌されなければ、
どんなに栄養を摂ってもどんなに寝ても意味がありません。

消化や吸収も脳が司令を出しています。
もし脳が休んでしまうとせっかく摂った栄養が吸収されず、
体外へ排出してしまうでしょう。

ですからブドウ糖は人間にとって最も必要な栄養素と言えます。
糖はつまり炭水化物の事です。炭水化物を摂るようにしましょう。
良いとされているのはやはり白米や玄米ですね。
主食として必ず食べましょう。

そのまま吸収されるのが砂糖です。
砂糖はブドウ糖がそのままの形で入っています。

炭水化物=糖は太るイメージがあるかもしれませんが、
炭水化物が何故五大栄養素の一つに数えられているかと言ったら、
体に必要不可欠な栄養素だからです。

ダイエットなどで炭水化物を抜く事があるかもしれませんが、
炭水化物を抜くと、脳の活動が鈍くなり、体の活動も鈍くなります。
そんな状態で心身の状態を健康に保つ事ができるでしょうか?
ダイエットをやめてみれば食欲が抑えられずにリバウンドしてしまうでしょう。

炭水化物=糖=太るのは運動していないから、脳を使っていないからです。
糖は運動や脳の活動によって消費すれば、
体に溜まる事はありませんから太る事もありません。

特に成長期、思春期を迎えるまでの子どもは、
ダイエットは止めてしっかりたくさんご飯を食べるようにしましょう。



そして更に女性ホルモンの分泌をサポートする栄養素を摂りましょう。
具体的には「亜鉛」「アルギニン」「大豆イソフラボン」などです。

女性ホルモンがなければ、どんなに良い行いをしても髪の毛は増えません。
ブドウ糖を摂って脳をしっかりと活動させ、
規則正しい生活習慣を続けた上で、
上記のような女性ホルモンに関わる栄養素を補いましょう。

これらの栄養素は本当に魔法のようなもので、
あるのとないのとでは全く違ってきます。



脳をしっかり働かせたら、
今度はちゃんと休ませなければなりません。
脳を休ませるために必要なのが「睡眠」です。

起きている間、脳は常に活動をしています。
ボーっとしていても内蔵や五感は全て働いているのです。
それを司っている脳は起きている限り休む事ができません。

睡眠は記憶の整理、脳の休息、体の休息に必要ですから、
たっぷりと摂るようにしましょう。

ただし重要なのはトータルの睡眠時間よりも「寝起きする」です。
成長ホルモンが大量に分泌されるのは正午前後、
それより前、つまり午後10時には寝ておかなければなりません。

学校へ行くために毎日早起きしている人は、
もっと早く寝て睡眠をしっかりと摂るようにしましょう。

更にホルモンバランスを整えるためには、
決まった時間に寝て、決まった時間に起きなければなりません。
それを毎日続けなければ効果はありません。

適切な睡眠生活を送る事で脳をしっかりと休ませ、
起きている間の脳の活動を活発化させましょう。
[PR]
by saruyamichael | 2013-03-13 20:06 | 髪の毛のための考え方

髪の毛を生やす方法(栄養、睡眠、運動など主に生活習慣)に関する情報をまとめています。情報の出し惜しみは致しません。


by SaruyaMichael